キャッチコピーなど - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

エリザベス外国語研究所のスタッフポーランドの大学に留学中
飛び立てジャパン
ただいま
合格おめでとうそして、お疲れ様でした。
祭りの後の静けさ。

カテゴリー

お知らせ
役に立つ話
曲紹介
留学
真面目な話
近況
進路
雑談
検索エンジンの供給元:

マイブログ

祭りの後の静けさ。

こんにちは、Hannaです。
最近日中と夜間の寒暖差に悩まされてます。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
ここ数日間を振り返ると何もなかったようでそうでもない事が色々ありました。
個人的な話にはなりますがあまり会う機会のない友達と久しぶりに会えたり、よく会うのにあまり一緒に出掛けることがない勤め先の同僚と一緒にいつまでもお喋りしたり・・。
非日常は日常を一瞬忘れることができてそこから出ていきたくない気持ちにさせられます。
日常あっての非日常かなと思うことがあり日常にある程度退屈さを感じないと楽しめないのかもしれません。

皆さんに共通の最近の非日常と言えばやはりHalloweenでしょう!
元々はケルト人のお盆のようなもので、死者が年に一度現世に戻ってくると言ったようなものだったと思います。
お盆且つ年末年始だったでしょうか・・・。そのあたりの記憶が定かじゃなくて申し訳ないです。
転じて、今日では子供たちがお化けや魔法使いなど仮装をして家の近所を訪問して回ってお菓子をもらって回るイベントになっています。その時の文句は、皆さま一度はどこかで見かけたことあるでしょう。”TRICK or TREAT”! お菓子をくれるか、さもないといたずらするぞ!って意味になりますね。はっきり言って恐喝です(笑) そしてそれを言われた家の人はいたずらされたくないので可愛いお化けにキャンディを献上するわけです。
とは言え、仮装するのは最近では子供だけではありません。ハリウッドスターだったり大物アーティストなどのセレブの仮装はInstagramなどネット上で公開され、見る人を楽しませています。
それを真似してか、元々日本にはない風習ではありますが、国内でも若い人を中心に仮装を楽しむ人たちが増えています。
田舎では土地柄でしょうがなかなか仮装を見る機会がありませんが、都会に出るといろんな人が思い思いの仮装を道行く人に見せつけるように楽しんでいます。
Halloweenの元々の風習に倣って死者を連想させるようなゾンビだったり血のりをべったりとつけた戦士、ナース、ミイラ、メイド・・・。血のりのせいでとても痛々しい仕上がりになっているので血が苦手な人は思わず目を伏せてしまいそうですね。
死者を連想させる仮装以外にも、某激安の殿堂ドン○ホーテのコスプレコーナーのコスチュームそのままみたいなメイド、女子中学生のようなカラーセーラー、一昔前のガングロでルーズソックスのギャル、セクシーなナースやミニスカのポリス、スリットが目をひくチャイナドレス、どうやって用意したのか謎な狼男、USJで買ったのかなと思われるハリーポッター、あとは自分の好きなアニメのキャラクターになりきったり、よくそれを仮装にしようと思ったねと思わず褒めたくなるような東京オリンピックの盗作が問題になって廃止になったあのロゴ、ツタンカーメン、・・他にもたくさん!

仮装を楽しんで、特に催しがあるわけではないのに街中がお祭り騒ぎになってしまう。一見よくわからない状況が出来上がります。
街じゅうで仮装大会があっているような感じになっているので自分の気に入った仮装をしている人には全く知らない人でも声をかける。お祭り気分が高まって一部の人は仮装をしていない人にもナンパをする。
昨年も問題になっていましたが、渋谷などの若い人が特に集まりやすい地域ではあまりに人が多すぎて混乱が生じているので警官隊が出動するなどしています。
さらに、人がいなくなった渋谷などでは祭りの後のごみ問題が深刻なようです。
去年のごみ放置問題をうけて今年は至る場所にごみ箱を設置していましたが、それでもゴミが多すぎて対応しきれなかったようです。
そのゴミを片付けるのはボランティアの方々だったりその地域のお店のスタッフがいつもより早く出勤して片付けているそうです。考えさせられますね。
仮装を楽しむのは大いに結構ですが仮装を楽しむ人々それぞれが他人への配慮と良心とゴミ袋を仮装に込めた気合とともに忘れずに持ち歩くようにしてほしいと思います。

余談ですが私は女子高生の仮装をしました。ゴミはきちんとゴミ箱に入れて帰りました。
ではまた、お会いしましょう。Bye

祭りの後の静けさ。に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment